手相研究家

 普通に歩いていただけなのに、手相の研究に対する協力を求められた。
 ただ求められたのではない。
 横断歩道を渡り終えたところで、後ろから走って追いつき回り込んできた人間に求められたのだ。
 常軌を逸したアプローチだった。
 関わりあいたくなかったのでひたすら回避

 道端に爆弾が転がっていた。
 恐る恐る近づいてみると、カップラーメンの空容器が伏せてあるだけだった。

すっごーい文句なしじゃない

 久々にやったが、初めて総合評価Sをもらった。増援全部倒しても攻略評価A来るのね
 以下にターン数、各ユニットのレベル・戦績をメモ

続きを読む